初めての筋肉トレーニングで注意したい事とは?

筋肉をつける為に筋力トレーニングを始める…その心意気は素晴らしいのですが、始める人の中には少し手順を間違えてるよね?という人も見かけます。

筋トレはこうだ!と押し付けるつもりはないですが、これから筋トレを始める際に気をつけた方がいいポイントを紹介していきましょう。

1まずは体を慣れさせる事

筋トレの手段は色々あります。ダンベルやベンチプレス等の器具を使ったりジョギングやランニング等野外で走ったり、腹筋や腕立て伏せ等家で出来る運動etc…。

取り入れるのは良いですが目標は小さめに設定はして下さい。その理由として、いきなり回数を多く取り入れたり長距離で走ったりだと体が追いつかず、意思とは裏腹に体力切れを起こしてしまいます。

まずは体を慣れさせる事が大事です。数を増やすのはその後でも充分間に合います。

2しっかり準備運動もする

筋肉トレーニングも一種の運動です。ならば準備体操やストレッチもしてからの方が良いでしょう。準備運動無しでやると体の動きが鈍くなりスムーズに動かすのに時間がかかるでしょう。

車のエンジンを温めるように、体も準備運動した上で温めてから筋トレをする様にしましょう。

3継続的に続ける意思を保つ

筋トレは筋肉が出来るまでは先の見えないゴールと言っても良いです。けれど結果が目に見えづらく途中で挫折してしまう人、最初の内は意欲はあったけど途中から無くなる三日坊主、酷い時は道具だけ揃えて満足してしまった人等最後まで続けられなかった人もいます。

筋トレは根気との勝負でもあり、それに勝った人に得られるのが逞しい筋肉です。まずは意地でも続ける意思だけはしっかりと持っておきましょう。

筋トレは簡単な様で続けるには難しいトレーニングです。ですが地道に続けていけば少なくとも体はそれに答えてくれるので、諦めずに続けていくと言う事だけは守って下さい。

後は自分にあったやり方で筋トレをしてもらって大丈夫です。